ライフストリーム

ライフストリーム

絵を描いたり雑記を書いたり

アイアムアヒーローはゾンビ漫画だと思って読んでいたら最終回で泣いた【漫画】

スポンサーリンク

 

 

どうも、ひいらぎです。

漫画版アイアムアヒーローの最終巻を先日読みましてね。
正直「え、あと1巻でお話キレイにたためんのかぁ!?」と悪い予感がしていたんですが、当たるんですよねアタシのPremonition。

 

とりあえず読み終わった僕の様子としては…

 

 

 

 

f:id:holyholly:20170413180359j:plain

 

 

 

え?

 

 

 

 

あ?

 

 

 

 

お話全然たたんでませんでした。

 

 

 

 

アイアムアヒーローとは

「ちょっと病んでる様子が心配」でお馴染みの花沢健吾先生によるゾンビものサスペンス・ホラー漫画…のはずだったが、最終的には「弾丸の作り方」とか教えてくれる教養漫画になりました。大泉洋主演で実写化もされた人気作品です。

 

  • ジャンル   ゾンビものサスペンスホラー
  • 原作・作画  花沢健吾
  • 掲載誌    ビッグコミックスピリッツ
  • 出版     小学館
  • 単行本    全22巻

 

 

映画の方はさすがにグロいですが、有村架純ちゃんが可愛い。

 

 

 

 

最終巻以外は面白かった

全22巻中、21巻までは楽しく読めました。

突如起こったバイオハザード…ZQNと呼ばれるゾンビになる原因は一体何のか?

ZQN化しても超パワーを保ったまま人間モードになっているクルスとは?

何かZQNが合体したりして巨大怪獣になってるけど…一体世界はどうなっちゃうの!?

 

…って言う数々の謎がどう紐解かれていくのか、そしてどう言う結末になるのか、そう言った先の展開が気になる気持ちを生むのがこの漫画の面白いところだったんです。

 

では途中でその先の展開とやらを全部ぶん投げたらどうなるか?

 

「このマンガ面白くなかったな」って印象で終わっちゃう訳で…

 

今回がまさにソレのパターンでした。

 

 

 

紐解くどころか謎を増やした

結局作中で明らかになったのは「心に深い傷を持った人間はZQNではなくクルス化する」「ZQNウイルスは宇宙人のような存在が地球をテラフォーミングするためにバラまいたのではないか」「ヒロミは女王的な存在」くらいです。

 

どれもこれも「たぶん」と言う推測の域を出ないまま完結してしまいました。

「何で?」「何のために?」とか野暮なことを聴いちゃいけないよ?

アタシも知らないんだよ。

 

 

これで最後だと言うのに謎を解くどころか、巨大ZQNに飲み込まれたオバちゃんが若返るという新たな謎もぶち込む始末。

 

f:id:holyholly:20170413182844j:plain

 

 

Q. なぜZQNに飲み込まれたら若返るのかですか?

 

 

A. 知らにゃい。

 

 

 

「その若返りの能力調べさせてよ」とか言ってる苫米地も仲良さそうにノウノウと暮らしてるのは違和感しか無いのですが…

 

そして「ばあちゃん、俺生きるよ」でシメるキッズ。
島の子どもたちに漫画を描くコロリ先生。
怒涛のテキストラッシュ。

 

 

何なんマジで。

 

 

 

 

主人公がサバイバルして終わり

 

f:id:holyholly:20170413183318j:plain

 

ZQNも人間もいなくなった東京で一人サバイバル生活をする英雄くんのシーンが描かれてこの漫画は完結となります。

 

敵がいないもんだから畑を耕したり野生の鹿を獲ったり、アレ、僕はいつの間に銀の匙を読んでたんだろう…?



その他「鉛を溶かして弾丸を作ろう」と言うタモリ倶楽部みたいな展開も挟まれます。
弾丸作ってないのでストーリー作ってください先生ェ!!

 

 

f:id:holyholly:20170413183338j:plain

 

f:id:holyholly:20170413183348j:plain

 

とは言え、これまでもあった銃のメンテナンスをしたりする細かい手作業シーンは丁寧に描かれていて好きでした。ZQNとの攻防の合間に書かれる静かなお話(食料調達とか)こそこの作品の真骨頂だったのかもしれない。

 

サバイバル生活も崩壊した日常が戻ってきた…

いわば生きて帰りしを表現したものなのか?と思えば…

 

 

面白く…

 

 

思え…

 

 

無い!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

お、俺達が、ヒーローだ

完全に打ち切りエンドみたいになっちゃったアイアムアヒーローですが、1巻の入りやその後の展開は本当に面白かったです。ゾンビものなんだけど、序盤は主人公の漫画家(作中ではアシスタントの仕事をしてる)としての日常を描きつつ、じわじわ訪れる崩壊の予兆みたいなものもしっかり描いてたし。

 

ZQNに噛まれても「え?マジ?」「いた痛い痛い!」みたいに割と冷静な人々の様子とか、たぶん日本でバイオハザード起きたらこんな感じなんだろうなと思わせる描写も面白かった。ホラーやバトルはもちろんですが、飯を食うとか会話するとかそう言う何気ない日常の様子を表現するのが上手い漫画家さんだなと改めて思いましたわ。

 

ジャンルは違えど、キャラの心理描写などたびたびルサンチマンと似たような印象を受けました。コチラは新装版2巻でさくっと読めるし間違いなくオモシロイと思うので、ついでにオススメしておきます。

 

 

 

 

そんな感じで最終章前までワクワクだったもんで…終わってみると「別にゾンビ出さなくても、漫画家マンガを描いてた方が良かったんじゃないか?」と思ってしまうでしゅ・・・・

 

 

 

 

まとめ

何か「アイアムアヒーロ完結記念!6巻まで無料配信」みたいな広告を見たんですが、そのへんまでは普通におもしろいと思います。

 

完結したからと言って、「最初の方面白かったし、ようし!」ってな感じで全巻購入してる人は…

 

 

ボーイズ・オン・ザ・ラン読みなはれや!!!

 

 

 

 

 

 

おわり