ライフストリーム

ライフストリーム

絵を描いたり雑記を書いたり

広告が消えてもYouTuberは動画投稿を続けるのか?

スポンサーリンク

 

 

f:id:holyholly:20170328221016j:plain

 

どうも、底辺YouTuberの王ひいらぎです。

先日こんな記事を目にしまして・・・

 

headlines.yahoo.co.jp

 

ヘイトまみれの動画など不適切なコンテンツに広告が掲載されている現状を嘆き、大手広告代理店がYouTubeへの出稿を停止したというのです。

 

月に3,000円と言う大金をYouTubeから得ている僕にとっても死活問題。

よく「YouTubeが無くなったらユーチューバーはどうするの?」何て言われてますが、僕の中では派遣労働者になるか生活保護を申請するかまぁそのへん何じゃないかなと踏んでいます。日本じゃ餓死しないってホリエモンも言ってたし、イケるって。

 

しかしそれは「YouTube自体の消滅」という仮定の話であって…

動画サイトは残るけど、広告と言うシステムがなくなった時、果たしてどれだけのYouTuberが活動を続けるのだろうか?

 

 

YouTubeから広告が消えたら

YouTubeアカウントでグーグルアドセンスの紐付けすることで、動画に貼った広告から収益を得ることが出来る…と言うのが現在のシステムです。

皆さんも苦しめられた事があるでしょう「1分だけよろしいですかオバサン」や「大泉洋です」などの動画冒頭に流れる飛ばせない広告を全て再生したり、動画の端っこにあるリンクを踏んだりしたら投稿者にチャリンチャリン小金が入ると言う仕組みになっています。

 

広告が消えるというのは視聴者的にはオッケーかもしれませんが、投稿者的にはエヌジーなのであった。

 

 

お金が貰えなくなる

要するに広告がないと動画をいくら上げようが一銭も入らない無収入系YouTuberが一斉に誕生してしまうということですが、そうなっても動画投稿を続ける人間はいるのでしょうか?

 

元々動画づくりが趣味で、別に収益に興味が無いという人たちにはさほど問題ではないでしょう。しかし、YouTubeが本業だという人は?

 

死にますでしょう。

 

「コーラ風呂作ってみた!うぇえええええええええいwwwwwww」とか

「鉄球をぉ!熱したらぁ!チョコがぁ!溶けたぁwwwwwwww」とか、家族に心配されるような事を続けていたのは…


全ては金のためにやっていたこと。

過激な動画を撮るだけで、口座に20万30万入るから心を殺してやっていたこと。

 

それが一銭にもならないのなら…?

 

それでも「視聴者を喜ばせるのが生きがい」と言う社員全員忘れてる心にもない社訓みたいな事を言って動画投稿を続けるのだろうか…?

 

イヤ、おめぇぜってぇ続けねぇだろ!!!!!

 

 

 

チームで活動している人たちは厳しい

複数人で活動している人たちは、全員のビジョンの擦り合わせが出来ていないと空中分解すること間違いないでしょう。金のために活動している人もいれば、純粋にエンタメがやりたいんだと言う人もいる。俺は抜ける。いや俺が抜けるよ。じゃあ俺が抜けるわ。どうぞどうぞどうぞ。

 

全員の目的が利益最優先だったら悲惨なもので、社員全員同時にリストラ喰らうみたいなもんですからね。さしもの

 

 

アドバンテージを次に活かす

基本的に利益優先タイプはYouTubeと言う市場から撤退はするでしょうが、今やネットで稼ぐサービスは腐るほどあります。大勢のファンを抱えている言うアドバンテージを持っていれば、ブログ界隈やniconico界隈でリスタートを切れるんじゃなかろうか。

 

 

最後に:僕の場合

もしYouTubeから広告が消えたら、僕は普通に続行します。確かにお金は入っているけど、副業とも言えないレベルの収益なのでソレが消えた所であ、ふーんと言う感じなのです。

 

金に魂を売った連中と違い、僕は動画自体が好きだし…それに…

 

視聴者を楽しませてぇ…

 

それだけでいい…それだけで…

 

皆の笑顔がワイの力になるんや!!!!!!!!!

 

 

www.youtube.com

 

 

 

おわり