ライフストリーム

ライフストリーム

絵を描いたり雑記を書いたり

ASKAさんの新曲「FUKUOKA」を聴いてたら色々考えてじんときた

スポンサーリンク

 

僕のCHAGE and ASKAとのファーストコンタクトは「太陽と埃の中で」でした。僕が生まれる直前にリリースされ、なぜか小学校の掃除の時間に流されていた一曲。毎日リピートして聴いた中で「追いかけて 追いかけても 掴めないものばかりさ」というフレーズが特に印象に残ってます。

 

あれから十数年。マジでつかめないものばかりだ。

 

 

そしてクリスマスイブを何とかやり過ごしていると、YouTubeで何やら騒ぎが…

 

 

何とASKA氏の新曲が来てるではありませんか。

 

 

www.youtube.com

 

 

めっちゃええ曲やんけ・・・

 

 

10回ほどリピートしました。一回目はちょっと泣きました。二回目は…僕も福岡に住んでますが、タクシードライバーが野球の話したことないなぁと思いながら泣きました。三回目から先は覚えておらぬ。

 

 

一連の薬物騒動など色んな事があって、報道を見て「ああ、こんな事知りくねぇなぁ」と思うような情報も見聞きしました。けれども、今まで聴いてきた曲まで変質することはないんですよね。良いものは良い!(印象?それは知らにゃい)

 


今回YouTubeで公開された新曲の「FUKUOKA」…動画説明欄にはこのような言葉が書かれていました。

 

 

コンプライアンスのため東京のスタジオを使用することができなくなった時、僕の前に道を拓いてくれたのが、ふるさと福岡でした。

 

 

今もなお、大変な状況にあることでしょう。賛否あると思いますが、僕はこの曲が聴けてよかった。

 

アーティスト個人の事を知っているファンは、多分いない。それは出身や年齢と言った公式サイトに書いてあるようなプロフィールではなく、何が好きで嫌いか、苦しんでいるのか、楽しんでいるのか…どう言う人間なのかだ。

 

理解できないものを見ると、人は警戒する。ファンだから味方にならないといけない訳ではないけど、敵にならなくたっていいじゃないか。多分本人とマブダチにならない限り、いやなったとしても胸の内を知ることはできないし、苦しみを理解してあげることもできないかもしれない。

 

僕らに出来ることは、曲を聴くだけなんですな。けどただ聴くだけじゃなくて歌詞からメッセージを汲み取ったり想像したりする。何を伝えたいんだろう、どんな思いでこの歌を書いたんだろう…とか。

 

 

そんな感じで夜中にこのFUKUOKAを聴いていたら、目がじんわりと潤んできた。昨日ベイマックスで泣いたばかりなんですがね…

 

 

ともかく、また素敵な曲が聴けてホントによかったです。