ライフストリーム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフストリーム

絵を描いたり雑記を書いたり

ハッキリしなさいよ!「行けたら行く」みたいな派生語を12個考えてみた

スポンサーリンク

 

「ずっといっしょだよ」と同じくらい信用できない言葉で「行けたら行く」というものがあります。LINEなんかでこの返事が来ると、相手のIDを出会い系掲示板(熟女カテゴリ)に晒すぐらい心の狭い僕です(冗談)

もうこの行けたら行くセンテンス、行く気ないのバレバレですよね。拒否したいんだけど、相手に嫌われたくない!とか言うめんどくさい心理が働くことで生まれた罪深い言葉…男ならはっきりしなさいよね!女は知らないわよ!

ということで、色々ハッキリと言えないお年頃の人のために「行け行く」っぽい言葉をいくつか考えてみました。

 

 

 

1. 顔だけ出そうかな

行きはするんだけど、軽く挨拶して帰るイメージ。行く意志を示して好感度をキープしたことを確認後すみやかに帰りたいという意志の現れ。実際に顔を出すと「長居しろの空気」に引きずり込まれてしまう危険があるので注意が必要。

 

2. そこ実家の近くだわ

だから何なの?と思ったら既に術中にハマっている証拠。全く必要のない情報を与えることで相手を錯乱させる。「実家の近くだ…」→「会いたくない地元の人とかいるんだよね…」等の苦しい連携コンボも可能。

 

3. 何時くらいまでいる?

情報は何よりの武器。問題の会合がいつ終わるかを確認。冒頭の「顔出し」につなげることもできるが、時間によっては「あー遅くに終わるんだね。じゃあ今から行くのは(ちょっとなぁ…)」と一気に決着を着けることができる。

 

4. レポートが終わるかどうかだな

レポートは仕事・その他用事に変えても問題ない。最強の盾「やり遂げなければならない何か」を構える。それを見ても無理に誘ってくるのなら貴様はもう友ではない。

てゆーか察しろ。

 

5. バッテリーヤバイから後で連絡する

とりあえずの時間稼ぎ。行くか行かないかの返事をしたいんだけど、スマホの充電が切れそう!たった数秒で終わる返事もできない!そんなやつおらへんやろ、と言う返事は未読無視。だってバッテリー切れちゃったんだもんという設定だもん。着信が掛かってきたら面倒なので一応マジでスマホの電源は落とす。

 

6. もうご飯食べちゃった

ご飯に誘われた時には効果あり。それでも無理やり誘ってくる?人の胃のことも配慮できない貴様はもう友ではない!

 

7. もうお風呂はいった

非喫煙者&嫌煙者にとっては魔の巣窟、クラブや居酒屋などタバコ臭いところに誘われることもしばしば。
特に女性は時間もかかるし、同性同士なら察してくれる率も高くなるんじゃないですかね。「じゃあ場所変えるよ」と真逆の気遣いをされる可能性もあるので要警戒。

 

8. 今実家帰っててさぁ

物理的に参加不可能宣言。ただし実家が近場にあると「今丁度その近くにいるよ」という必殺のカウンターを食らうことも。しかし「親戚の集まりなもんで」カードで逆転が可能。代償としてSNSなどで実家に帰っている設定を演出しなければならない面倒くささ有。

 

9. 家に彼女(彼氏)が来てるんだよね

大切な人を見捨てることはできない。「彼女(彼氏)も一緒に連れてきなよ」という反撃に対しては前述した「風呂入り済み」「飯食い済み」を上手く使おう。男性の場合は「彼女がもう化粧落としちゃって」も有効打になりうる。じゃあお前だけ来いって?だから、行きたくないんですよ。

 

10. 家にカーチャンが来てるんだよね

一人暮らしの子供の様子を見に来た大切な人を見捨てることはできない作戦。「お母さんも一緒に連れてきなよ」という反撃は2016年現在確認されていない。

 

11. 今日、体調悪くて…

これでも飲みやご飯に誘ってくるのであれば敵とみなす。逆に「病院に連れて行こうか?」と言われたら、もしかしてその人イイ人かもしれないのでこれまでの自分の行いを省みましょう。

 

12. 死んでも行かない

「行けたら行く」の対をなす存在。絶対拒否の意志。友情などまるで最初から無かったかのような言葉には相手も絶句。元カレ元カノなど二度と会いたくない人にだけ使いましょう。

 

 

まとめ はっきり言える大人になろう

社会人になったら遊びや飲みに誘われることも少なくなりました。

友とは疎遠になり、かといって仕事関係の人とはプライベートで絡むことはない。
こうして大人になっていくのだろうか…とか言ってたら今週は先輩や友人と約束があるのを思い出しました。大切にしたい人間関係だって、確かにあるのです。
乗り気でもそうでなくても

「ハッキリと受け答えする」のが大人ってぇもんだべっちゃ。

 

願わくば、今回紹介した表現を使わない人間になれますように。

 


そんな感じこんな感じ。